Our know-how / 長期間の生産停止、クーラントの管理方法は? 長期間の生産停止、クーラントの管理方法は?

機械がストップしている間、クーラントを循環させず補充もしないまま放置すると悪臭、機械部品の腐食、クーラントの分離などの深刻な問題が起こる可能性があります。クーラントのメンテナンスを行う、もしくは機械をきれいにしてクーラントを入れ替え、生産再開に向けて準備をしましょう。

2 つのオプション - メンテナンスまたは入れ替え

水溶性金属加工油は、クーラントの安定性を確保するために定期的にチェックしメンテナンスする必要があります。不水溶性金属加工油はメンテナンスの必要はありませんが、機械をきれいにし新しい加工油に入れ替える良い機会かもしれません。 

メンテナンスするか入れ替えるかを決めるポイント: 

  • クーラントの現在の状態
  • どれくらいの期間使用しているか
  • タンク容量
  • 生産停止の期間
  • 対応可能な人の数

お客様にとってどのオプションが最適か、ブラザー・スイスルーブ担当者にお気軽にご相談ください。

水溶性金属加工油のメンテナンス

機械がストップしている間、pH値や濃度などの重要なパラメータを定期的に確認し維持することが重要です。詳細については、ページ下部のダウンロードセクションで該当資料をダウンロードするか、チュートリアル動画をご覧ください。 

メンテナンスのポイント:

  • 濃度:クーラントを腐敗させにくくするため、最低8%を保ちます。
  • pH値:推奨範囲内に収まっていることを確認します。
  • 循環:クーラントを1日30分以上タンク内で循環させます。
  • オイルスキマー:動かし続けます。スキマーがない場合は、定期的に浮上油を手動で取り除きます。
  • チップコンベア:クーラントを循環させる前に動かし、タンクの底にある切粉を取り除きます。

機械をきれいにする - 水溶性金属加工油

クーラントを入れ替える場合は、古いクーラントが残らない様しっかりと機械をきれいにすることが重要です。機械の清掃や入れ替えの詳細については、以下の動画をご覧ください。ページ下部のダウンロードセクションでは、マニュアルをダウンロードしていただけます。

機械をきれいにする - 不水溶性金属加工油

不水溶性金属加工油はメンテナンスの必要はありませんが、機械をきれいにし新しい加工油に入れ替える良い機会かもしれません。不水溶性金属加工油も、古い加工油が残らない様しっかりと機械をきれいにすることが重要です。機械の清掃や入れ替えの詳細については、以下の動画をご覧ください。ページ下部のダウンロードセクションでは、マニュアルをダウンロードしていただけます。

※動画は英語です。

お気軽にお問い合わせください

ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Title*
当社製品をご使用中ですか?*
ご希望の連絡方法*

Downloads

Blaser College: Maintenance of water-miscible metalworking fluids during production stops
ダウンロード
Blaser College: water-miscible coolants – cleaning and filling of machines
ダウンロード
Blaser College: Neat oils – cleaning and filling of machines
ダウンロード
Coolant monitoring sheet (Excel file)
ダウンロード

0 Comments

あなたのブラウザはもう古いです

こちらのサイトを閲覧するためには、ブラウザをアップグレードしてください。 ブラウザをアップグレードする

×