Our know-how / 濃度管理が安定した加工の前提条件 濃度管理が安定した加工の前提条件 

現場で確認する項目の中で、最も重要なパラメータが濃度です。

クーラント濃度の安定なしに、安定した加工は行えません。

タンクを充填するときは必ずクーラント濃度を確認してください。少なくとも週に1度は確認し、モニタリングシートに記録してください。濃度は下記の方法に加え自動で確認することもできます。(例:  Liquid Tool Systems AG, for example, offers a Coolant Manager. )

 

手動での濃度測定

手持ち屈折計で、簡単に濃度測定を行うことができます。光は、液体に入射するとその境界面で方向を変えます。屈折系は、この光の屈折の現象を応用した測定器で、屈折角と呼ばれる方向の変化の程度を測定します。

handheld refractometer

屈折計の示度はクーラントの濃度レベルを示しています。目盛りは色別に明確に分離されており、見分けやすくなっています。

製品によっては、屈折計の示度を製品固有の換算係数で乗じる必要があります。その結果がクーラントの実際の濃度となります。

手持ち屈折計は水で補正することが重要です。クーラントの濃度を測定する前に、良質な水でゼロ点設定を行ってください。混入油が多すぎる、あるいはクーラントが不安定な状態の場合、示度が不明瞭になります。

  View through Refractometer  
 
あなたのブラウザはもう古いです

こちらのサイトを閲覧するためには、ブラウザをアップグレードしてください。 ブラウザをアップグレードする

×