私たちの歴史クロニクル-1936年からの家族の歴史

1936

1936年にウィリー・ブラザーがわが社の基礎を築きました。まだ20歳という若さで、仕事もなく、彼は両親の家にある石油ストーブで最初のヒット商品となる製品を製作しました。「ブラハグランツ」という防水の靴クリームです。こんなものは当時はまだどこにもありませんでした。これを塗りこめば革の靴がずっと長持ちし、農民たちも足を濡らさずに仕事ができるようになったというわけです。ウィリーはこの製品と自転車の荷台に積んで、エメンタールの農家に販売して回りました。
 

1942

ハスレリュグソウに社屋を建設し、社内にラボ設備を設け、化学者をスタッフに迎えました。

1946

ウィリーは、従業員の保証、福利厚生を重要視していました。1946年に彼は社内で年金制度を創設しました。これは、スイスで国内の年金・社会保障システムができあがる2年も前のことです。 

1950

ウィリーの兄弟のハンスとワーナーも会社に加わり、会社は機械加工業界に特化した洗剤や潤滑油を扱うようになりました。

1962

社屋建設のプロジェクトも安定して進行し、会社が成長するために必要なものでした。

1973

オイルショックが起きた1973年に、ウィリーの一番上の息子のピーターブラザーがこの会社に加わりました。この困難な時代において、ピーターはすぐに、わが社が国際的な地位をしっかり獲得するためには、金属加工油の分野に真剣に投資する必要性があることを、見て取りました。

1978

ヨーロッパでのマーケティングネットワークを確立したのち、1978年に日本の市場進出し、アジアへの事業拡大を開始しました。

1981

1981年ニューヨーク州に最初のアメリカ進出をしました。1986年には現地に工場を建設しました。その後、ブラジル、中国、ドイツ、フランス、インド、日本、韓国、シンガポール、台湾、タイ、チェコそしてトルコに子会社を設立しました。
 

1989

会社のロゴを施した熱気球を世界各地で飛行させました。12機の熱気球とともに、スイス、アメリカ、ドイツで社内チームが発足しました。

1994

「ブラザー+CoAG」 から「ブラザー・スイスルーブAG」に社名変更。同年、ISO-9001の認定を受けました。

2010

ビーターブラザーは、息子のマークブラザーにバトンを渡し、3世代での舵取りがスタートしました。ピーターは取締役会会長として在籍しています。

2019

私たちのLiquid toolは、世界中のお客様の生産性と競争力の向上のサポートしています。

あなたのブラウザはもう古いです

こちらのサイトを閲覧するためには、ブラウザをアップグレードしてください。 ブラウザをアップグレードする

×